うちの近所のハロウィン🎃 その後

さっき仕事行ったら、なんかスタッフがビミョーな雰囲気。

パソコンで出勤チェックしてから、社員さんに
「〇〇さん、今日シフトに入ってませんけど…。」
「へ?」

うそーん。
13時~仕事や思って、全力で午前中の用事済ませて、車かっ飛ばして家帰って、特盛よしもとで木崎君が、今田さんと八光さんとなるみさんにケチョンケチョンに言われてるの見ながら、(今田さんに「そろそろ祇園って名前返せ。京都の祇園に失礼や」みたいな事言われてたわ。)、チョココーンフレークでお昼ご飯済ませて、かっ飛んで職場来たのに。

なんで?

よう見たら、13:00~18:00までの出勤て、来週の土曜日やったわ。

「返せ!あたしの貴重なお昼ご飯。」
「っちゅうか、出勤チェック入れる前に言うてくれ。」
マネージャーに「この5分だけの出勤って何でしたか?」聞かれて説明するの、恥ずかしいがな!

って、だーれにも言えへんし、「帰るわ。」言うて、帰って来たわ。

よーこういう事あるわ~。
他人の事「アホ」「アホ」言うてるけど、あたしが一番阿呆な気がするわ。

一瞬、今から長浜バイオ大学行っても間に合うな。って思ったけど、毎日毎日遊び呆けてられへん。
草刈りするわ。

ほんで、300メートル程遠回りして、ハロウィン案山子見に来たら、全部撤去されてた!

f:id:mr-5160-hate:20181020132809j:plain

なんで?
ハロウィンこれからやで!
よー分からんわぁ。

これも撤去されてた。

f:id:mr-5160-hate:20181020133027j:plain

これは残しといた方がええで。
ホンマにおるから。

あたしの今から草刈りするとこにもおるもん。

マムシって、なかなか動かへんねん。
普通の蛇はシュルシュル~ってどいてくれるけど。

「ちょっと居たんかいな。どきーな。切ってまうで!」
言うても、ジーッとしてる。
「他のとこ刈ってるから、その間にどいときや。」
言うて、10分くらいして戻って来ても、まだ居てたりする。
「刈れへんやん。どいてって。」

呑気なんよ。マムシって。

こっちから、何か仕掛けない限り大人しい。
みんな、普通の靴とかサンダルとかでうっかりマムシの領域に入るから噛まれるねん。

多分、領域に後からお邪魔してるの、あたしら人間やで。

うちの近所のハロウィン

f:id:mr-5160-hate:20181019215222j:plain

いつもこの時期に立ち並ぶ案山子。

何年前からやろう。
ハロウィン仕様の案山子が登場するようになったのは。

今やコスプレ大会と化したハロウィン🎃。

でも滋賀県に居ると、「何処でやってんの?」くらいに見かけない。

滋賀県でコスプレするくらいなら、京都、大阪まで出掛けるわな。

ご苦労なこった。

コスプレしてもええけど、自分らが出したゴミくらい持って帰れよ、若者よ。

4/4(ヨンブンノヨン)

行って来ました!
アインシュタイン・見取り図・ヒガシ逢ウサカの4回限定ライブ(タイトル長い!)の4/4

めっちゃ楽しかった~~⤴️⤴️

こんなに楽しいんやったら、1/4も2/4も3/4もチケット取れば良かった。
ものすごい後悔。

それに、アニキのInstagramの中でしか見たことなかった、ヒガシ逢ウサカの今井君をやっと生で見れた!

よっ!滋賀県民!

今井君。=「可愛い。」
それに尽きる。

漫才とコント見た後に書く感想じゃないが。

芸人さん達みんなの弟的存在なんやろなって思ってたけど、正しく弟。

正直、漫才はもう少し間を変えたら、もっとブラッシュアップするのに。と思う事もないけど、これは稽古あるのみ。

「可愛い」と言われるのを嫌う芸人さんは結構居るかもしれないけど、あたしの使う「可愛い」は「愛嬌がある」と同意語。

偉そうな事言うつもりはないけど、落語やお芝居、そしてお笑いを見て来て思うのは、やっぱり生き残る人は性格や人柄が良い。

他人になり切り、他人を演じて見せる役者さんや、落語家さんに比べて、お笑いというのはその人の人となりが透けて見える割合が高い。
面白い、上手い、格好いい。それだけじゃない人としての優しさとか、無茶苦茶やってるようで、根はキチンとしてるとか、そういう部分に惹かれてファンになってる人はものすごく多いと思う。
昔に比べて、自分から積極的にコミュニケーション取りに行かない若者世代には余計に響くんだろう。
だから「可愛い」をナメてはいけない。

あと、長縄飛び見て思った。

今井君、とんでもなく運動神経がいい。
これもプラス。

サバンナの高橋君みたいに、振り切れる程運動音痴も芸につながるけど、コントやロケで身体張る事の多い芸人さんは、身体能力高い方が怪我しにくいやろうし。

相方の高見君。

正直全く知識なかってんけど、MC上手いやん!
仕切り上手い!

なんか安心したわ。

滋賀県民贔屓でずっと気になりながら、見た事なかったコンビやから、どうなんやろ?思ってたけど。

絶対大丈夫。

爆発的にグーンと行かなくても(笑)、上がって行くよ。

あたしの「この人は売れる」「この人はその内来る」はかなりの確率で当たるのだ。
誰にもこういう話しないから、自分の中だけの確率やけど。

リリーさんの薄さも良かったなぁ~。(誉めてる❤)

もりしはアニキの影響で、「ブス芸人」カテゴリーに入っててんけど、やっぱ面白いわ。
あの異様に高い声も、上から下に向かって細くなってく変な身体バランスも含めて。(この変な身体バランス、アニメのキャラで居るやん。あ~名前が出てこんっ!)

リリーさんとのコンビバランスも最高。
見取り図狙いでチケット取ろうかと思うくらい。
これ以上仕事休めへんから、無理やけど。

そして、やっぱりあたし、5列目以降くらいが丁度いいわ。

今までで一番ちゃんと長い事正対してアインシュタインの事見れた。

幸せ。

申し子

うちのお店のどうしようもないスタッフシリーズ。
(大丈夫か、SNSにこんな事あげて。)
(多分大丈夫。その為にと言うか、好き勝手書く為に誰にもブログやってるなんて言ってない。)
(ちょっと自分が怖い)

もう今は辞めたけど、K君は『ゆとり世代』の申し子みたいな子だった。

とにかくマイペース。

あたしの職場(CD、DVDの販売・レンタル業)は、毎週毎週売り場を更新しなくてはいけない。
時間との闘いだ。

朝、お店がオープンするまでに、出来る限り早く返却作業をして、朝一番にレンタルしに来られたお客様に手に取ってもらえるよう、オープンまでがある意味一番忙しい。

でもこのK君にはその概念がない。
今日中にとか、いつまでにこの仕事をやり終えるとか、そういう考えがないのかと疑うくらい、超マイペース。

土日の休配日にこのK君が鍵当番だと最悪だった。
三回に一回くらいの割合で遅刻して来る。

さすがに3回目の時は注意した。
うちのスタッフさんは誰一人声を荒げるような、気のキツい人がいない。
あたしも怒るのは苦手なのだ。
出来る限りいい雰囲気の中で仕事したいし、そうなるように気を配っているつもり。
でも、なんぼなんでもこれは酷いやろうと心を鬼にして、注意したのだ。

それなのに。
4回目の遅刻。

寒い冬の事だった。
その日から始まるセール準備がまだ終わってなくて、いつもより20分程早く出勤した。

開いてない。
「嘘やろ。よりにもよって、今日の鍵当番K君なんか?」

他の社員さんなら出勤してる時間なのだ。

K君に電話する。
出ない。

ジリジリしながら待ってると、バイトの子達が出勤して来る。
みんなかなり早めにやって来る真面目な子達なのだ。

「え?開いてないんですか?」
「うん。多分K君が鍵当番やねんけど、電話しても出ーへんねん。」
「え~。」

みんな、凍えながら待つ。

3回も4回も嫌がらせの様に電話して、やっと出た。

「K君?」
「…は…い。」
「今日鍵当番違うん?」
「あ、はい…。すみません、今起きました…。」
「みんな待ってるから、ダッシュして来て!」
「はい…。」

マジか!
なんやねん!こいつ!

夜間返却BOXに返却に来たお客さんの「スタッフさん何してんの?」的な冷たい視線と、ホンマに冷たい風に煽られながら、ジリジリしながら待ってると、やっと来た!

遅いッ!
あんたんちからやったら、もっと早よ来れるやろ!

みんなダッシュでロッカーに駆け込んで、オープン準備に入る。

ウ~💦💦

返却処理が間に合わない。
モニター付けが間に合わない。
昨日終わらなかったセール準備なんて、とんでもない。
時間が足らんーッ!

その時K君は何処行った?と目をやると、なんとバックヤードのパソコンの前に座って、のんびり作業指示かなんかを読んでる。

コンビニで買ってきたパンを食べながら。

その姿を見た時

あたしは、ブチ切れた。
(ホンマに耳の後ろの方で〝ブチッ〟って音がした気がした。)

「なぁ、自分。ええ加減にしてくれへん?何回も何回も注意したよな?」
「ほんでそれ何してんの?」
「あたしら、寒空の中待たせといて、コンビニ寄って来たん?」
「一分でも二分でも早よ行こう思うんが普通ちゃうの?」
「ほんでなぁ、ここはバックヤード言うても仕事場やねんッ!」
「ほんなに朝食食べたかったら、せめて休憩室行って来いッ!!」


あたしはスッキリした。

でも、普段怒ってる〇〇さんを見た事ない、真面目なアルバイトスタッフが文字通り震え上がってしまった。

「シーーン。」って音が聞こえたかいうくらい静まり返った。

ヤバっ。
やってもた。
けど、どうにもこうにも我慢出来ひんかってん。

みんな大丈夫よ。
〇〇さんが怒ってるのは、ゆとり世代の申し子、K君だけよ。
顔上げて。
声出して。

そして
あたしの焦りを横目に、なんとと言うか、さすがと言うか、申し子はホンマにパン持って休憩室行きやがった!

「バカタレーッ!!」
「ホンマに休憩室行くアホが何処に居てんねんっ!」
と、叫ぶのは心の中だけに必死で押し留めて、冷静さをなんとか保とうとする。

バタバタしながらオープンを迎える。
真面目なアルバイトスタッフのやまびこ挨拶の小さい事、小さい事。

マズい。

もうそこから、みんなの気持ちと空気を和らげるのに、苦労したのなんの。
もう二度と怒鳴るまいと、固く心に誓ったわ。

そしてあれから1年くらい経ったかしら。
この前、ベテランバイトのY君の送別会に申し子も来たのだ。

1・5倍くらい膨張して。

なんで?申し子?
アンタは細身でイケメンだけが取り柄やったやんか?
それがデブってどうする?
そんなに今の職場は楽なんか?
うちのお店より楽て、どんなとこやねん?

あたしの気持ちを知るよしも無く、申し子は美味しそうに串カツを食べていた。

申し子よ。
それ以上太るなよ。

アンタの取り柄は、体型と顔なんやから。
体型捨ててどうするよ?

ま、正直、どーでもええが。

初老とスルメ

行って来ました!

プリマ旦那河野のゲームフェス。
ファイナル?


アニキ 足細っ!
ほんで、絶対足ツッてたよな。

言うても初老やもん。
しゃーないわ。

でもまだ大丈夫。
50歳過ぎたら、アニキみたいに仰け反って笑ったら、首の後ろの筋「ピキッ」ってなって、二、三週間首回らへんようなんで。

50過ぎたら笑うのも命がけ。
今のうち仰け反るだけ、仰け反っときな。

リリーさん。
うっすー。

顔も薄いけど、身体が薄い。

風が吹いたらペローンと後ろに倒れそう。
ほんでそのままお陽さんに照らされて、スルメみたいになりそう。

リリースルメ。

噛めば噛むほど味が出るタイプなのだ。
リリーさんはきっと。

リリーさんって片仮名が正しい?

でも、あたしの中では、りりーさんって平仮名の感じ。

女の人っぽいけど、なんか優しい感じがして。

『リリーさん』

『りりーさん』

たいして変わらん。
どっちでもええか。

ところてん

昨日出勤して来たI君が、「〇〇さん、聞いて下さいよ。僕昨日自分でカレー作ってご飯4合食べました。」と、ニコニコしながら言ってきた。
この子はホンマによく食べる。
もう少し前から独り暮らし始めたのが嬉しくて仕方ないらしく、やれ、家計簿つけるようにしただの、やれ朝までゲームしてただの、色々報告をしてくれる。
なんちゅうか、素直と言うか、おぼこいと言うか、可愛い奴なのだ。
もう27歳やけど。

元気もいい、やまびこ挨拶も誰よりも大きな声でする。
いつもニコニコしてて、やる気もある。

でもこのI君。
致命的に仕事が出来ない。

2、3週間前に教えた事が、綺麗さっぱり頭から抜け落ちて、何回も何回も同じ事を言わないといけない。

あたし「この前教えたやん!ほんでこの前はなんとかかんとかやったやん!なんで忘れるんよ?」
I君。「はい…。そうですよね。」
もー、何回言うたらわかるねん!と、この前とうとうキレて
「あんたの頭はところてんかっ!」
「右耳から入れた情報を左耳から垂れ流してるやんか!」
「左耳を塞げ、左耳を!」
I君「はいっ!」
どこまでも元気がいいのだ。

頭はところてんだが、I君は時間はきっちり守る。
自分のシフトインの20分くらい前には出勤して来る。
自転車で。

高校卒業前に教習所に通い、卒業と同時に車を買って乗るのが当たり前の滋賀県において、免許持ってないのは、ある意味希少だ。
免許が取れなかったのか、取る気がないのか、聞いてないけど。

そう、I君は素直でやる気も覇気もあるいい子なのだ。
致命的に仕事が出来ないという一点を除いては。(それが全てな気もするが。)

この前あたしが連休もらう前の日、I君にゲーム入荷を頼んでおいた。

連休明け、出勤してひっくり返りそうになった。

入荷したゲームの商品が山とカウンターの中に積んである。

「なんでっ?」

そして、商品にI君の下手くそな字で「〇〇さん、ゲーム入荷しておきました!」の張り紙。
文字は自慢気でもある。

う~ (T_T)

あんな!I君!
うちの店は、商品は全部ダミーパッケージでの展示なの。
入荷しても、ダミーの「品切れ札」外さん事には、お客様からしたら在庫ないのも一緒!

商品の検品→入荷処理→予約取り置きの抜き取り→品切れてた商品の札を外す→商品を棚に片付ける

ここまでが一連の流れ。
この話、もう5、6回したよなっ!
なんでカウンターん中置いとくの!
カレーやないねんからよ、寝かしてどうする、寝かして!
コク出す気かっ?
コクは出んで!
ゲームからコクは出んっ!!

頼むわ。

ところてんがカレー作ってどないする。

最下位の特権

阪神タイガース
来期は矢野監督で。

またしても木崎君のTwitterで知る。
なんか、凹む。

いや、勿論既定路線なので、矢野監督は想定内なんやけど。

正直、アニキ(監督の方ね)にもう3年くらい指揮取ってもらいたかった。
やっと生え抜きの野手が育ちつつあったのに。

電鉄本社の首すげ替えん事には、目先の結果にグラグラする体制は一生直らん。

4位、5位くらいをウロウロしてた時は、「もういっそ最下位になったらええねん。ほんでクソミソに言われたらええねん。」って思ってたけど、いざ最下位になると、「くぅ~、何しとんじゃー。」ってテンションだだ下がり。⤵️⤵️

でも、す・またんで森ちゃんが「最下位になったらドラフトで
一番にクジ引けますからね。」って言ってるの聞いて「ホンマや!その手があった!!」
テンション、復~活~!
ありがと、森ちゃん。

なぁなぁ、誰引くよ?
どの子行くよ?

2012年のドラフト会議。
和田監督が藤浪引き当てた時の興奮が甦る。
リアルタイムでテレビ見てて、和田監督がガッツポーズしたと同時に、思わず「シャーッ!」ってガッツポーズしたわ。
その反動で湯呑み茶碗こかして、お母さんに「何してんねんな」って怒られたけど、「頼むで今黙っといてっ!」って叫んだわ。

なぁなぁ矢野監督誰引くよ?

金足農業 吉田君も12球団OK言うてるよ。
ま、巨人が好き言うてるのが、ちょっと気に食わんけどよ。
けど、あれは誘導尋問した司会の女の人がアカン。
あんな聞き方したら、「巨人に行きたいです。」言うてまうがな。
その後どんな騒ぎになるか、秋田の田舎の高校生やもん、分かってないねんて。
逆に可哀想。
その一言で、阪神ファンを敵に回してしもてんから。

でも、吉田君の未来を冷静に考えて、阪神には来んほうがええ。
阪神タイガース
高校生育てるの、恐ろしく下手。
吉田君が阪神のキャンプに来たら、上野動物園のシャンシャンどころやないで。
ヒョウ柄のセーター来た虎党の茶髪のおばちゃんにもみくちゃにされる、客寄せパンダ🐼と化した吉田君。
想像するだけでおぞましいわ。

ま、ドラフト会議まで楽しみに待っときましょ。

行け行け、最下位!
引け引け、クジクジ!

頼むよ、矢野監督!