ニャンコ先生~っ!

怒濤の一番くじラッシュ。
毎週のように出る。
うちのお店でも取り扱ってます。
もう景品置く場所がないっちゅうねん。

今まで一番くじなんて見向きもしなかったけど、A賞がニャンコ先生のぬいぐるみなら、話は別!

な、なんと、くじ二回目で、A賞のぬいぐるみゲット!!🎉

レジで「キャーッ⤴️」言うて踊ってもたわ。

余りにテンション上がって、なんかその後たいしてレジ入ってないのに、50円の違算出してもた!

店長~っ!ごめんっ!

嬉し過ぎっ!

テンション上がりまくって、ほぼほぼ初めての自撮り。

顔 暗っ。
もうなんでもいいー。
抱いて寝る!!!

f:id:mr-5160-hate:20181212012249j:plain
f:id:mr-5160-hate:20181212012405j:plain

恒例行事

西勇輝投手、ようこそ阪神タイガースへ!

いやぁ~、この補強は大きいよ。
阪神には速球投手は今結構居るけど、西投手みたいな四隅を使って投げるタイプの投手が居てない。
矢野監督も、西投手の加入はキャッチャーも育てるって言ってたし。
なるほど。
さすが捕手出身監督。
ふふふ、楽しみ。

ただ心配事がひとつ。

オリックス大丈夫か?

西投手が抜けて、ネコちゃん(金子投手)が抜ける。
この二人が抜けるなんて、オリックスファンからしたら、やってられへんやろう。
数字だけやなく、精神的支柱でもあったやろうに。
これがソフトバンク日本ハムからの移籍なら、全力で喜べるのに。

ま、阪神タイガースは最下位なんで、他のチームの心配してるほど余裕はないねんな。

もう一つ心配事があった。

プロテクト枠問題。

新井さんの人的補償で赤松が抜けた時は、「エーッ!赤松プロテクトされてないのぉー!」ってびっくりした。
ほんで赤松、広島行ってから活躍してるし。
今は病気治療後やから十分じゃないけど。
赤松、しっかり治してな。

何故か阪神タイガースを出て行った選手は活躍するのよね。
榎田しかり、大和しかり。
挙げたらきりが無い。
ほんなに阪神やりづらかったか?

というより、使う側が下手くそやったんやろうな。
大和(死ぬほど好きやった!)なんか、あんだけ守備の上手い選手居てないのに、なんでショートでずっと使ってあげへんかったんや。
打てへんかってもええって。ショートは。
ソフトバンクの今宮見てみ。
ずーっと使ってもらって、超一流になったやん。

大和、大和、大和~~。

ほんで代わりに入って来た選手がもう一つ活躍せんという、毎年の恒例行事。

例年8月くらいになると、むくむくと湧き上がってくる感情。

『まともにスカウト出来る奴スカウトして来い!』

秀太、君だけが頼りよ。

「鼻の変な人」???

ハァ~、今日忙しかったぁ~。
死んだぁ~。😵😣

Switchの大乱闘スマッシュブラザーズ人気は凄い。
そんなに面白いんやろか。

あたしはゲーム担当責任者やけど、ゲームは全くしたことないし、これからする気もない。
異様に三半規管が弱いのか、2Dのテトリスを20分もしてたら酔ってしまって、ゲロゲロ吐いてしまう。

なんでこんなあたしがゲーム担当責任者なんやろか。

遡ること15年前。
元々本が好きで、活字に触れていたくて本屋さんでのバイトを選んだのに、なまじっかしっかりしてたもんやから、先輩バイトは誰もしてなかったのに、ゲームの買い取りを覚える事になり、買い取り出来るようになったら、ゲーム担当社員は午後3時出勤の遅番でしか来ないシフト体制になり、クレーム対応まで矢面に立つ羽目になり。
そしてゲーム担当社員は辞めてしまい…。

大丈夫か、うちの店。
こんなんで。

でも、ゲームしなくても15年もやってるとなんとかなるもんです。
ごまかしながらやけど。

お店の中ではバイトリーダーを経て、今ではすっかりきれーにきっちりお局様。
店長もエリアマネージャーも課長も全員年下。
ビミョーに気を遣われてるのがちょっとムズムズする。
でも、まだ言っても10歳くらい下なのでギリギリ同世代感覚で話せる。

でも自分の娘と言っても不思議じゃない子達と仕事するわけで。
時に恐ろしいほどのジェネレーションギャップに打ちのめされる時がある。

あたしは大きく分けると、セル部門(販売用CD、DVD&ゲーム、トレーディングカード)の担当なので、毎週新しく販売されるCD、DVDの売り場作りも行う。

あれは何年前やろう。
マイケル・ジャクソンのTHIS IS ITのDVDが発売された時。
勿論お店としてはその週のパワープッシュ商品。

宣材商品を使って飾ってたら、大学生バイトの女の子が
女子大生「へぇ~、今週この人なんですね。」
この人?ほら、ほやろ。なんせマイケル・ジャクソンやもん。
あたし「うん。今週はマイケル・ジャクソンしかないやろ!」
女子大生「へぇ~。……マイケル・ジャクソンって、あの鼻の変な人ですよね?」

鼻が変?鼻が変っ?
一番最初に来るのそこ?
いや、マイケル・ジャクソン確かに鼻は変になってもーたけども。
あのマイケルやで!
マイケル富岡ちゃうでっ!

あたし「うん。マイケル・ジャクソン歌ってるの見た事ない?」
女子大生「あんまり…。」
あたし「一回見てっ!凄いから!なんやったらあたし買うから貸したげるしっ!」
女子大生「いやいや、別にそんな…。」

別にそんな…。なんや。
あのマイケル・ジャクソンは、今の女子大生にとってはそんなもんなんや。

あたしは田舎のおぼこい子だったので、洋楽なんて全然聴いて来なかった。
でもそんなあたしでもさすがにマイケル・ジャクソンは知っている。
初来日公演の大阪球場観に行ったもん。

凄かったよ、マイケル・ジャクソン
今ではライブ演出でよく目にするようになった、舞台奥にはけたと思ったら、次の瞬間クレーンに乗って現れるというのもマイケル・ジャクソンが最初やったと思う。

来日公演の時あたしは高校生やったかな?
うろ覚え。
でもずーっと「ワァーー。」言うてた気がする。
Beat It 死ぬほど格好良かったもん。

マイケルもまさか死んでから、自分を表す固有名詞が「鼻の変な人」になってるとは思ってないやろな。

女子大生よ。
いや、もう就職したから社会人よ。
なんでもええわ。
YouTubeでもなんでもええから、マイケル・ジャクソン見ておくれ。
頼むから。
「鼻の変な人」から脱却させてあげて、お願いよ。

間違いではないです。

一連のM-1騒動。

「う~ん、霜降り明星が一番可哀想かな。」

久保田さん、武智さん。
言われたくってはるやろうけど、

「動画にアップしたらアカンわ。」
「もうー、何してるねんなぁ…。」

それだけ。それだけ。


M-1明けの3日、あたしは仕事休み。
4日に出勤したら、スタッフ二人から
「〇〇さん、M-1和牛負けましたねぇ。和牛負けた瞬間、〇〇さんの顔が浮かびました。」と、言われた。
そして別のスタッフから
「〇〇さん、+アクトって雑誌、和牛表紙になってますよ!」と言われる。

そんなに職場でギャーギャーお笑いについて語った記憶はないのに、こうまでしっかりみんなに浸透してる事にちょっと笑った。

みんなありがとう。

でもね、和牛大好きに間違いないねんけど…

あたし、あたしな、

アインシュタイン推しなんです。』

M-1に出てないから仕方ないねんけどさ。

という訳で、

来年頑張ってくれっっ!
アインシュタイン!!!

切ない二人

行って来ました!
もっともっとまんげき アインシュタインの日。

いやぁ~、ラニーノーズ格好いいわぁ。
もう見た目芸人さんというより、K-POPデュオやもん。
特に山田君のスタイル、何あれ?
モデルやん。
ほっそー!!!
滅茶苦茶うらやましい。
そして洲崎君。
ずーっと前からホンマにK-POPアーティストでそっくりな人居やるやん?
それが誰か分からず(みんな同じに見える)気持ち悪い。
でも洲崎君が私服ダサいなんて意外やな。
漫才中むっちゃスタイリッシュやのに。
川西君にしても洲崎君にしても、スタイルがいいのに私服ダサいのはもったいなくて仕方ない。
川西君なんて、洋服なんて着れたらほんでええんちゃうの?くらいの感じやもんな。
本人にお洒落になろうという気が全くない。
誰かお洒落な彼女見つけるしかないんちゃう?
あ、でも彼女にあれこれ言われるのもきっと嫌なタイプやわ。
なんか、川西君は気持ちがお爺ちゃんなんよな。

そして今回の一番の目的は、クロスバー直撃。
TENGA茶屋で離婚した前野さんと、ポンコツの渡邊さんの話を聞いて、実物見たくて仕方なかった。

前野さん、むっちゃ優しそうやのに。
結婚って難しいねんな。
なんか、切なくなったわ。

そして渡邊さん。
噂に違わずのポンコツ振り。
なんかある意味奇跡やわ。
あのイジるとこしかあらへん見た目といい。
脱力系ギャグ漫画から抜け出て来たみたい。

もっともっとまんげきは、毎回バカらしくて理屈抜きでケタケタ笑えるのがいい。
でも、大の大人があんなに本気で遊べるって凄いわ。
世の中見渡してみ。
みんなしっかり地に足着けて頑張ってはんで。
男の人からしたら理想やろうな。
いつまでも本気で馬鹿出来るっていうのは。
あ、誉めてるんです。
けなしてるわけでなく。

帰りの電車。
クロスバー直撃と言えば、先週のTENGA茶屋聴くの忘れてるわと思って聴いてみた。

もう渡邊さんがポンコツというか、滑り倒すのを聴いてたら段々切なくなったわ。
笑いにわざわざお金払ってなんばまで行ってるのに、人を切なくさせてどーすんねん。
頼むわクロスバー直撃。

しかしTENGA茶屋は相変わらず。

アインシュタインが登場してから遡って聴いてて。(まだ2014年10月くらい)
一回劇場に向かう行きの電車ん中で、ケンコバさんがソファーの背もたれの間に顔突っ込んでイタしてたら、マジで死にそうなったみたいなくだりで、肩が震えるとかのレベルやなくて、ホンマに爆笑して、四人掛けの椅子やったから、他の3人にむっちゃギョッとされた。
けど、「ケンコバさんアホやアホ過ぎるぅー。そしてそれに爆笑して恥かいてるあたしはもっとアホや。」と思ったら、ツボの沼にハマってしまって、もーどーにもならなくて、まだ降りるはずじゃない新大阪で、いかにも初めから降りるつもりでした。みたいな振りして降りたわ。
で、一旦降りて別の車両に乗り直そうと歩き出して、「あ、別に新大阪から大阪メトロ乗ってもいいか…」と立ち止まり、でもやっぱり乗り慣れてない新大阪からやと迷うかもと、クルッと踵を返して別の車両に乗り込もうとしたら、あたしの顔をかすめるようにドアが閉まって、車内からすっごい冷たい目線を送られるという、死ぬほど恥ずかしい目に遭った。

あの日あたしは2回TENGA茶屋に殺されたわけや。
勘弁して。

そー言えば、ダイナマイトとしぞうってどこいったん?
ラジオネーム変えたん?

アニキのギャル軍団を率いているってのも、TENGA茶屋発信やったんや。

4年前はまだ紗倉まなちゃんがアシスタントになる前。
紗倉まなちゃん、凄いなあの娘。
思わず検索したわ。
次の日職場に行ったら、アダルトコーナーの女優さん別の所にしっかり置いてあって、有名な女優さんなんやってちょっとびっくり。

今まで芸能人で一番頭の回転が早いと思ってたのは小池栄子さん。
その小池栄子さんを紗倉まなちゃんは上回ってる。

小池栄子さんは凄い姉御肌で、辛気臭い男の人の事はバッサリ切る痛快さが、あたしらからすると気持ちいいけど、男の人からするとちょっと怖いかもしれへんな。

でもまなちゃんは、あのアニメボイスでエロ投稿も100点以上に読み上げるし、ケンコバさんからの200%セクハラ発言も上手に相手してる。
芸人さんやないから上手く切り返せない時もあるけどそれもまた可愛いし。
声だけ聴いてたら媚びてるようで、話す内容聴いてたらシレッとしてるし。

いつの間にかアシスタントはまなちゃん一人なんて事もあるかもよ。

どんまい。

小さな友だち

今日ちょっと嬉しい事があった。

この前のウカルちゃんアリーナでのVリーグ観戦に連れて行ってあげた友達〇美ちゃんの娘さん〇ーちゃん。

カウントダウンコンサートに行きたいらしい。

あたし「誰のカウントダウンライブに行きたいん?」
〇ーちゃん「ジャニーズ。」
あたし「今からジャニーズのカウントダウンライブは、なんぼなんでも無理やで。チケット取れへんやろ。」
〇美ちゃん「別にジャニーズでなくてもええねんわ。なんせカウントダウンに行きたいねんて。」
あたし「それなら、お笑いもカウントダウンやってんで。」
〇美ちゃん「お笑い言うても誰?」
あたし「う~ん、無茶苦茶ようさん出るで。エディオンアリーナで運動会するねんて。なんやったらチケット取ったげんで。詳しい事lineするわ。」

で、かくして今朝。

〇美ちゃん「あたしと〇ーちゃんと、妹と姪っ子の4枚チケット頼める?」

お安い御用。

一般発売やからそんなに良い席じゃないけど、〇ーちゃんと、ミキの大ファンの姪っ子さんは、テンション上がりまくりらしい。

こんな事やったら、もっと早く声掛けてあげれば良かった。
プレミアム会員の先行発売なら、もっと近い席が取れたやろうに。

でも、これをきっかけに劇場にも連れて行ってあげられるかも。

よっしゃ。

あたしの周りはホンマにお笑い好きがいないのよ。
お姉ちゃんなんか二人とも「お笑い見て何がほんなに面白いのか分からんわ~。M-1とか見ようとも思わへんわ。」

「……………😨😨。」

なんでおんなじ家に生まれて、同じ物食べて育って来たのに、こんなにも違うかね。

それに例えお笑い好きが居たとしても、なかなか東近江市から電車代とチケット代払って、なんばまで行こうとは誘い辛いのよね~。
みんな主婦やし。

まんげきカウントダウンで、高校生二人がお笑いにハマってくれれば、引率責任者として連れてってあげられるやん。
一人は気楽でええねんけど、間が持たへん時あるねんな~。

あ~、いいなぁ。
あたしも行きたいなぁ~。
けど、お母さんを大晦日に一人にさせるのは可哀想やもんなぁ~。
大人しくしとこ。

さ、こっから先はまんげきメンバー頼んだで!
思いっ切りハメたってや!

…うん?
なんか、意味が違ってくるな。
いかんいかん。

思いっ切り楽しませてあげてや!

よろしくっ。
(^^ゞ

M-1ドリーム

2018 M-1チャンピオン 霜降り明星
おめでとーっ!!

いやぁー、凄かった。

汗だくで120%で熱演するせいや君と、負けん気の強さと気持ちの強さが全面に出た粗品君。
二人の良さが弾けてハマった!
今まで観て来た霜降り明星の中で一番面白かった!
ホンマにおめでとう。

しかしM-1は夢見させてくれるね。

本命中の本命と言われて、トップバッターのハンデをはね除けて勝ちきった中川家の初代王者に始まり、完全優勝チュートリアル
敗者復活から勝ち上がって勝ち抜けたサンドイッチマン
ラストイヤーに花開いたとろサーモン

そして、M-1初出場にして最年少でチャンピオンになった霜降り明星

いやぁー、夢あるわぁ。

でもでもでも。
今年のお客さんは重かった!
緊張感半端なかった。
去年のお客さんと大違い。
あの中で漫才するのはしんどかったやろな。

審査員に志らくさんが居るというのも緊張感を生む要因かな。
何を言うか分からない怖さがあるし。

そんな半端ない緊張感の中、トップバッターはなんと見取り図っ!
うわぁーっ!
今までこんなテレビの前で緊張してM-1観たことなかったわ。

見取り図の二人も緊張してるなぁ。
当然やけど。
ちょっといつもの間ではなかった。
途中から余りのお客さんの重たさに、NGKのお客さんと総取っ替えしてあげてって思ったくらい。
「あたおかー。」も、NGKなら「待ってました!」とばかりにきっと弾けるのに、弾け切らない。
でも、よくやり切ったよ。

上沼さんに「漫才が古い。」なんてバッサリ言われてしまってなぁ。

上沼さんの審査員はどうなんやろうか?
あたしは去年くらいから、上沼さん自身の好き嫌いがハッキリ出る審査振りにちょっと疑問を感じてる。
今年も敗者復活が決まる前に「ミキに来て欲しい!」って言うか?
ミキが選ばれて「恵美ちゃん待っててね!」とかのやり取りで、番組的には盛り上がるかもしれへんけど、あれでは結果的にミキが可哀想。
ホンマに面白くてミキの実力で勝ち上がって、漫才もばっちりやったのに、〝ミキは上沼恵美子に気に入られてるからな〟みたいな余計な雑音を生む。

霜降り明星との絡みもしかり。
日本一臨機応変に対応出来て、若手芸人さんが一番輝けるように愛あるパスが出せる今田さんがMCやなかったら、上沼さんへの批判みたいなのももっと大きくなってるはず。
「さっきまでミキミキ言うてたくせに。」みたいにイジる事で、ミキへの畑違いの批判を薄めて、上沼さんの女帝振りにチクッと一刺しする事で、「これってどうなん?」と思ってるお笑いオタクの溜飲を下げさせる。
今田さんはさすが。
もうM-1の司会は今田さんしか考えられない。

そんな今田さんとのやり取りの時も、暫定3位から敗退が決まった時も、ボケ倒す見取り図は最高やった。
もっともっと好きになった。

あたしは劇場でまだ生「あたおかー。」を聞いていない。
聞けたら「待ってました!」って歌舞伎みたいに声掛けてまうかも。

見取り図 M-1勝戦 夢の舞台、おめでとう。
お疲れ様!

ゆにばーすは悔しかったやろなぁ。
うーん、でもこれもM-1
川瀬君が緊張しいなので、緊張に勝つ為に1年間ずーっと漫才用衣装で移動してた。と話しててびっくり。
そこまでしてたんや。
でも、いつも舞台でもそんなに緊張しいとは思えなかった。
陰での努力ってあるんやな…。

でも、巨人師匠やったっけ?
ネタ中にはらちゃんが関西弁で話すところを、こっちの方がいいんちゃうか?って言うてはったのは。
あたしも批判ではなくて、見てみたいと思った。
それくらい、はらちゃんの関西弁見事で新鮮で。
こっちのネタも観てみたい。
川瀬名人、ここはひとつ。

そしてジャルジャルさん!
面白かったぁ~。
何より二人が本当に楽しそうにやってるのがホンマに良かった。
いつもジャルジャルさんのネタは、
「凄いなあー、よう間違えへんな。」とか、「どんだけ練習してんねんろ。」とか、ちょっとこっちも緊張しつつ、「凄い凄い」の連続でそして一緒に脱力する。
「ハァー、やり切りはったわぁ~。」みたいな。
笑いが弾けるのとはちょっと違うジャルジャルワールドがあたしは好きなんやけど、笑いの量で勝敗決まるM-1では不利なん違うかと思ってて。
去年の福徳さんの涙を見た後は余計に。

毎年のように決勝戦に進むだけでも凄いのに、2本とも会心の出来で、本当に楽しそうに漫才やり切って、ラストイヤーを優勝こそならへんかったけど、清々しく締めくくった!
もう、最高ー!
ホンマに良かったぁー!

そして和牛。
面白かったのになぁー。
なんか、もう師匠クラスの貫禄。

ネタは2本とも「えっ?このネタかけるの?」って最初は思った。
長尺でこそ活きるネタやと思ってたから。
単独ライブでも観たけど、短い分何倍も洗練されてて、もう見事の一言。

和牛は凄いよ。
終わった時唸るもん。
優勝の大本命と言われてて、ハードルが上がってる中であれだけの漫才が出来る。
素晴らしい。

あたしは2016年も2017年も、ファイナルラウンド終わった瞬間、「絶対和牛が勝った。」と思った。

銀シャリさんが勝った時、「え~、和牛やと思ったけどなぁ…。」って声に出した。
去年も絶対和牛やと思った。
それがまさか
とろサーモン
とろサーモン
とろサーモン
とろサーモン
勝負が決まってからやっと「和牛」
うわぁ…、こんな酷な準優勝ってあるか…。
一体和牛はどうやったら勝てんのよ。ってちょっと腹立ってた。

今年は正直どうなるかなぁ…、霜降り明星の勢い凄かったしなぁ…。
開いてみんと分からんわ…。
もうドッキドキ。

でもまさかの
霜降り明星
霜降り明星
霜降り明星
霜降り明星

これをドラマと言ってしまえばそうなんやろうけど。
お笑いの神様は何処まで和牛に厳しいねんろ。
でも二人が目指す『伝説の漫才師』になる為に必要な試練とプロセスなんやろか。
くじけんといて欲しいなぁ。

何の賞レースか分からへんねんけど、優勝が決まった瞬間、川西君が水田君にバッと抱き付いて、肩を2回バンバンって叩いた映像をYouTubeで見た事がある。

あの姿をM-1で見たい。

アインシュタインのファンやけど、一日経った今の正直な気持ち。

『神様、もう和牛に勝たせてあげて!お願い!』