お母さん登場!

久し振りの何の予定も入って無い休日。

アインシュタインが出てる『あさパラ!』を見てハタと気付く。

「あっ、稲ちゃんと同期のトークライブ、チケット抽選申し込んでたんやった!」

結果見に行く。

f:id:mr-5160-hate:20210227132451p:plain

『落選。』

またしても、落選。

どーなってんだ、落選。

なんでこーなるの、落選。

もしかして、アインシュタインがあたしのメルアドから申し込みがあった場合は、ブロックするように会社に言うてんちゃうか?

もうそんな風に思えて来る。

フンっだ。

気を取り直して、ふき味噌(ふきのとうの味噌)を作る。

洗って、重曹を入れて茹でて、水にさらして、水変えて、ぎゅっと絞って細かく切って、軽く炒めて、すり鉢ですってお味噌と合わせて…。

トータル3時間!

出来ましたっ!
ふき味噌!

f:id:mr-5160-hate:20210227152738j:plain

美味しい~。

母上が作るふき味噌より甘め。

アレンジですり胡麻混ぜたので、ちょっとコクがあって、納得の出来栄え!

アホ程量があるので、お裾分けしようっと。


さて、まだまだ時間があるぞ。

録画しといたこれを見る。(2回目)

アインシュタインの愛シタイン#7』

なんと、今回は稲ちゃんリクエストでゲスト登場。

じゃ~~ん!!

f:id:mr-5160-hate:20210227135118j:plain

アニキのお母さん、美枝子さんっ!

「ウ、フフフフ~。」と笑いながらご登場。

前からこの笑い声、誰かに似てると思ってたけど、分かった💡

中村玉緒さんや!

中村玉緒さんの笑い声を更に酒焼けさせた様な地面から響く様な豪快な笑い声。

アニキの仰け反りバカ笑い。
あ、ちゃうわ。
仰け反りガハハ笑いのルーツがここに。

なんと、アニキのお母さん美枝子さんは、番組のPRのナレーション担当。

f:id:mr-5160-hate:20210227135824j:plain

これが、おっそろしく棒読み。
タレントが真似しようにも絶対に出来ない棒読み。

でもこの超絶棒読みナレーション。

聞き続けると妙に癖になる。

そして、言ってみればお母さんは、番組スタッフみたいなもんである。

アインシュタイン二人のやりたい事をやり尽くすがコンセプトのこの番組。

今回は産んでくれた親御さんに感謝回と言う事で、これ!

f:id:mr-5160-hate:20210227140624j:plain

これええカットな事無い?

全力笑顔の稲ちゃん。

タバコのメビウス柄のマスクで直筆巻物を手に嬉しそうなお母さん。

その横で仰け反りガハハ笑いで首がもげそうな息子。

知ってる?

アニキってさ。

仰け反りガハハ笑いする時、首だけを仰け反るんやなくて、膝を曲げて腰落として全身の力使って仰け反るねんで。

もうあと10年経ったら、腰痛で出来んのとちゃう?

いつもアニキは誕生日なんかに、高級なお寿司屋さんにお母さんを連れて行ったりしてるのは、ファンの間ではよく知られた話。

Instagramなんかでも、ちょいちょい報告して来る。

その時のお母さんの豪快エピソードは、トークライブとかでも良くネタに上がる。

でも実際にその光景をじっくり見た事無いので、今回はアニキファン待望回。

アニキは凄いやりにくそうやけど、よくぞ稲ちゃんこの企画を提案してくれたと感謝したい。

しかし、ホンマに豪快で明るくてマイペースなお母さん。

稲ちゃんの「久し振りに息子さんと会われて、聞きたい事とか無いですか?」の質問に即答。

f:id:mr-5160-hate:20210227142905j:plain

爆笑~。

テレビのセオリー全く無視。

でもお母さんのこの豪快さが無茶苦茶面白い。

現場のスタッフさんの笑い声も半端ない。

今までのロケの中で飛び抜けてスタッフさんが笑ってる。

超高級焼肉屋さんでお肉を食べながら、お母さんのマイペース振りにエンジンが掛かってくる。

黙々と食べる。
黙々と。

何のコメントも無し。

この高級焼肉のお支払いは勿論アニキ。

お母さんに一人前6枚で3700円もする高級ハネシタを食べてもらう時、アニキが
「これハネシタな。高い方やで。」と一言。

今や全国区の人気者、月収だってかなり貰ってると推測されるアインシュタイン

でも、身に染み付いた貧乏根性は隠せない。

思わず「高い方やで。」と一言付け加え、暗に「無茶苦茶高い肉なんやからな、分かってるやろな。味わって食えよ。」とクギを刺してしまう。

良かったなぁ、アニキ。

こんな高級焼肉ご馳走出来る様になって。

更に稲ちゃんの巧みなリードで、絶好調のお母さんからあたしも聞いた事が無い初出しエピソードが!

な、なんとっ。

f:id:mr-5160-hate:20210227144920j:plain

「あ、あ、アニキぃ~。」
「ど、ど、泥棒やないかッ!」

そして、ゆずる少年はお母さんにド突き回される事になる。

いつもこの番組をちゃんと見ていると言うお母さん。

アニキから番組の感想を求められて…。

f:id:mr-5160-hate:20210227145525j:plain

スタッフさん、良かったね!

褒めてもろたよ。

「なかなかええよ。」

なかなからしいわ。
無茶苦茶ええ訳では無い。

こんな爆笑シーン連発で後半突入。

マメにお母さんに手紙を書いているアニキ。

今回はお母さんからアニキに手紙を書いて来てくれた。

なんと、お母さんから手紙貰うのは初めてのアニキ。

「おお~。」
「爆笑爆笑の次は感動シーンか。」
「アニキがどんな子供だったのか、お母さんの口から聞けるって事ね。」

期待値大!

そんなら…そんなら…。

f:id:mr-5160-hate:20210227150419j:plain

「たったこれだけ?!」
「ズコッ⤵️」

へたり込んでしもたわ。

やぁ~、最高やね、アニキのお母さん。

そんなお母さん、前から美人さんやなぁと思って見てた。

今回初めて若かりし頃の写真を公開。

f:id:mr-5160-hate:20210227150720j:plain

ほら。
やっぱり凄い美人。

そんな風に思って見てたら、珍しくあたしの母上が横にやって来て一緒に見出した。

いつもお笑い番組見てても、「こんなもんの何がオモロいえ?」と言うて来る母上。

それが横でずっと笑ってた。

そして「この女の人誰え?」と質問が。

あたし「この右の子のお母さん。」
母上「へぇ~。なかなか綺麗な人やわえ。」
あたし「うん。」
母上「息子こんなに不細工やのに、全然似たらへんわえ。」
あたし「???」
母上「お母さんに似てやらへんやんけ。」
あたし「左ちゃうっ!この子。この右の子のお母さん!」
母上「ほうけ。ほやろな。全然似たらへんもん。」

との感想でした。

うちのオカンも豪快なんだわ。

あ。

忘れてた。

「あのですねぇ~、ちょっといいですか?」
アインシュタイン河井ゆずるさんのお母さんの美枝子さん。」
「これ絶対言わないで下さいよぉ。」
「実はぁ~。」

「ファーストキスは18の時に梅田でしたらしいんです。」
「これ、絶対言わないで下さいよぉ。」


皆さん、ご内密に。

ファイナリスト勢揃い。名古屋の巻。

行って来ましたっ!

M-1ツアースペシャル2021名古屋公演』

f:id:mr-5160-hate:20210225180736j:plain

いやぁ~、贅沢なラインナップでしたな。

各コンビの出囃子が鳴る度にワクワクする。

(やっぱり出囃子って大事。)
(この前の森ノ宮よしもと漫才劇場でのライブは、出囃子では無くずっと同じ音源が流れてた。)
森ノ宮ではいっつもそうなんやろか?)
(あれ、止めて欲しい。)
(気分が盛り上がらない。)

M-1ファイナリストで出演してないのは、錦鯉さんだけ。

逆にこうなってくると、何で錦鯉さんは出てへんのやろ?と思えてくる。

歯抜けたんか?
(それはいつもの事か?)

痛風出たんか?
(それはかまいたちやわ。しかもクドい。)

名古屋までは息切れして移動無理なんか?
(見た目年齢しっかり50代。)

M-1以降、一気に忙しくなって他の仕事と被ったかなんかやろうけど、どうせならファイナリストフルラインナップで観たかった。

でも、このツアー。
スペシャルと名打ってるだけの事はある。

ファイナリストだけでなく、M-1予選でも結果を残した注目の若手がズラリ。

みんな面白かったし、レベル無茶苦茶高かったけど、その中でもタイムキーパーが激烈面白かった。

何期やったっけ?と調べたら、NSC41期。

若っ!

全っ然そんな風に見えへん。

あのお腹の出具合、全っ然そんな若手に見えへん。

〝3歩歩いたら記憶を忘れてしまう鶏〟のネタ。

完成度がエグい。

凄いな、このネタ。
敗者復活、このネタじゃ無かったよね?
これで行ってたら、どうなったか分からんかったんちゃうん?と思うくらい面白かった。

2年目でこれか。

信じられん。

こんなん見せられたら、ファイナリストもうかうか出来ひんよね。

なんか、他のコンビについても感想書こうと思ったけど、タイムキーパーが全部持ってった。

会場のフォレストホールから駅に向かう地下通路でも、「タイムキーパー面白かったぁ。」と名前が出てた。

なんちゅーか、びっくりした。


そして、ファイナリストの面々。

ちゃんと決勝の順位順に出て来る。
(あ、下から順番にね。)


最下位の東京ホテイソン
(改めて最下位と書くと、心にぐさる。)

初生東京ホテイソン

でも、M-1以降テレビなんかでも見て来たので、初めて観る気がしない。

ショーゴ君がムッキムキ。

たける君の神楽風ツッコミは聞いてて気持ちいいし、スカッとする。

M-1でも見せたこのフォーマット。
どう落とすか分かってるのに笑ってしまう。

ショーゴ君が素で笑ってしまったりするのも可愛い。

何で最下位やってんろ?と不思議。

愛され要素一杯持ってるコンビやと思う。


9位だったウエストランド

井口君が早口過ぎて噛んだりする。

その横でなんとなーく笑みを浮かべて立ってる河本君。

テレビで観てた時は、こちらも審査員の様な気持ちで観てしまってるので、二人のバランスが気になったりしたけど、実際に舞台で観ると、これはこのコンビの味でも特徴でもあるしなと、気にならなかった。

井口君がガンガン言いたい事言うスタイルは、今の人を傷付けない漫才ブームの逆を行ってて、痛快。


アキナは貫禄。

よくよく考えたら、アキナって噛んだり、ネタ中に隙が出てアドリブに走ったりって事がほとんど無い。

かなりの回数の舞台観てるのに。

練られた完成品の漫才って感じ。

その完成品がハマらない事もあるってのがM-1の怖さ。

しんどかったやろうけど、インパクト有り有りで逆に記憶に残ってある意味美味しかったんちゃうかと思う今日この頃。

あと3、4年したら、爆笑鉄板エピソードに出来るはず。

負けんな、アキナ。

(どう書いても恐ろしく繊細な山名君を癒やせてる気がしない。)
(エグってる?なあ、あたし、エグってる??)


元気一杯登場、インディアンス。

え~と…。
どんなんやったか書こうとして浮かんで来ない。

田渕君の胸のひまわりが割と小振りなんや…と思ったところまでは覚えてる。

あたし、睡魔に襲われてたらしい。

どんなネタやったのか思い出せない。

あ💡

つかみの田渕君の手羽先ポーズ!

あれ、面白かった!

以上、インディアンスでした。


インディアンスのお次がオズワルド。

転がり込む様な勢いで出て来るインディアンスの後だと、オズワルドののそのそした登場の仕方が一際異彩を放つ。

つかみで妹、伊藤沙莉ちゃんがブルーリボン助演女優賞を受賞した事を盛り込む。
(沙莉ちゃん、おめでとう🎉🎉)

沙莉ちゃんの受賞を知らせるネットニュースを見ると、どの記事も兄の伊藤君の事に触れている。

着実に知名度も高くなって行ってるオズワルド。

なんだか読んでて嬉しかった。

M-1で巨人師匠と松本さんに正反対の評価を受けた、もっと強く声を張ってツッコむのか、淡々とボソッとツッコむのか問題。

ネタに合わせて変えられたら最強ではないか。

ネタは本人達のモノ。

全力で好きにやるべき。


そして、ニューヨーク。

今日の二人、むっちゃ格好良かった。

ニューヨークってもっとちゃんとした漫才スーツ着たら格好良くなるのに…といつも思ってたので、今日は大満足。

ただ嶋佐君の何処かが破綻してそうな胡散臭さが薄らぐ。

あの胡散臭さが良いのに。

f:id:mr-5160-hate:20210226023652p:plain

この写真のネタ元、2016年のNGKでの単独ライブを前に語ってた、映画に出たいと言う嶋佐君の夢。

もう叶いそう。
(もしかしたらもう叶ってるのか?)
(ニューヨーク情報、全てはチェック出来てないので分からない。)

サテンの龍の刺繍入りのジャンパー着た、一番下っ端のチンピラ役なら素で行ける。

改めてWikipediaの芸風の書き込み
〝皮肉や偏見に満ちた底意地の悪さを湛えたネタが持ち味〟に爆笑する。

〝ディスり芸〟とも。

なんかサラッとシレッと「それ言うてまうんや。」みたいな事言うんで、ニヤニヤしてしまう。

多分あたしが知らないだけやろうけど、屋敷君のAD時代がネタ元のコントや漫才を観てみたい。

きっと爆笑出来る。


次いで見取り図。

モリシの特徴ある見た目が浅野忠信と思いきや、麻原彰晃やとイジられるお馴染みのくだり。

見飽きるくらい観て来たので、馴染みの美容師さんに髪の毛切ってもらってる様な安心感でまどろむ。

そっから先覚えて無い。


そして、初生おいでやすこがさん。

M-1準優勝しても、〝どうやぁ。俺らが準優勝したユニットコンビ、おいでやすこがやでぇ〟的なイケイケ感が無いのがいい。

ずっと今の状況に戸惑ってる感じ。

すぐ舞い上がって天狗になってしまえる若さが無いおじさんユニットコンビだからこその妙味。

特にこがけんさんのちょっと悲しげな目線(真っ直ぐでは無く、少し上の方を見る目線)や佇まいが、危うげな感じがして見てしまう。

今日のフォレストホール。
素晴らしく大きな会場なのだ。

f:id:mr-5160-hate:20210226032057p:plain

こがけんさんの歌声が響く響く。

リサイタルみたいやった。(笑)

歌ってるこがけんさんも気持ち良さそう。

小田さんのキレツッコミも響き渡る。

こがけんさんが歌い出す時に、こがけんさんの方を見ずにずっと正面を向いてる小田さんが面白くて好き。

正面向いて耳傾けてからの、ちょっとの間を置いての爆音ツッコミ。

あの落差がむっちゃ気持ちいい。

漫才なのに二人がほとんど向き合わない。

それぞれのピン芸が活かされてるスタイル。

果たして、ユニットから漫才コンビへの昇格(?)はあるのか。


M-1準優勝とM-1チャンピオンに挟まれる出番で登場のダイタク。

M-1チャンピオン出て来ると見せ掛けておいての焦らし狙いの香盤?

と思わせておいて、ダイタクむっちゃ面白かった。

かなりやりづらい出番順やったと思うけど、なるほどここにダイタクを持って来た理由が分かるっちゅーもんである。

ちょっとジャルジャルさんを彷彿とさせるネタ。

ジャルジャルさんは、あれだけの事を一切間違えずにリズミカルに完璧にやってしまう事への感嘆する気持ちがこっちに生まれる。

でもダイタクにそれは一切無い。(笑)

そのグダグダ感が可笑しい。

下手ウマ一卵性双生児ゲームリアル実況プレイみたい。


そして大トリはもちろんマヂカルラブリー

昨日ミルクボーイの上方漫才協会大賞受賞記念冠特番
『ミルクボーイの実録!東西芸人』を見た後だったので、村上君が出て来ただけで笑える。

このナリで〝村上ガールズ〟引き連れて夜な夜な遊んでる(コロナ前)って、一体世の中どーなってんだ。

コロナが収束したら、それこそ実録で密着して欲しい。

見たい。
怖いもの見たさで見たい。

M-1で見せた〝センターマイクの前にほぼ居ない野田クリスタル〟再び。

あの決勝ネタよりはマイクまで戻って来るけど。

でもこれはやっぱり立派な漫才やと、今日改めて思う。

だって、無茶苦茶面白いもん。

もうほんでええでは無いか。

そして、マヂカルラブリーがあのスタイルで優勝した事で、「あ、このスタイルでも行けるんや。」とセンターマイクの呪縛から解放された多くの若手漫才師が居る。

なんかマヂカルスタイルのネタが増えた気がする。

M-1グランプリって、漫才師さんにとってはそれはそれはキツくて厳しい大会やと思うけど、お笑い界とお笑いファンに与える影響力は果てしない。

きっと中川家さんやブラマヨさんなんかのM-1の戦い振りを見て、「漫才師って格好いいっ!」とお笑いを目指した若者が居る様に、「マヂカルラブリー面白いっ!こうなりたい。」とお笑いの道に進む事を決めた若者だって居るはず。

そしてそんな影響力を持つのに、当の本人達がやたらクセがあったり、ポンコツだったりするのがまたいいではないか。

「お笑いってやっぱええよな。」
「やっぱ格好いいよな。」

再認識出来た一日。

みんなに感謝。

(^_^)ノ。。。

フォロワー増加?

いい天気☀️

気持ちいい~~。

やって来ました『M-1ツアースペシャルラ2021名古屋公演』の朝。

劇場やライブに行く前日は、ブログ書いたりなんかせずにゆっくり休もうといつも思っている。

思ってはいる。

出来たためしが無い。

昨夜も確定申告の不備を直すべく、お風呂上がってからあーだこーだどれだとやってたら、26時を回ってしまった。

そこからすぐ寝られないのが、54歳の体力。

結局寝付けたのは、3時前。

5時半起床。

2時間半しか寝てない。

オマケに今日は10時から予定が入っている。

それだけならなんて事は無い。
仕事行ってるよりよっぽど余裕だ。

でも今朝は母上から、畑をミニ耕運機で鋤く様に頼まれていたのだ。

10時の予定に間に合わすには、逆算して9時には鋤き終わらないといけない。

家事諸々を片付けて、7時半から畑でミニ耕運機と格闘。

今朝は霜が降りてて、結構寒かった。

霜が降りていると言う事は、畑も軽く凍っているみたいなもんだ。

ミニ耕運機のロータリーが、「ガンガンガンガン」と音を立てて、畑の上を凄い勢いで勝手に動いて行く。

それを必死に押さえつけて鋤く。

田舎の農家の畑である。

家庭菜園なんて可愛いもんでは無い。

約180坪ある。

180坪って、家建つ…?

小さい家なら2軒は余裕で建つんじゃね?

ラクターで鋤くんなら、あっちゅー間だけど、ビニールハウスの骨組みがあったり、玉葱の苗が植わってたり、花の種が植わってたりで、隙間隙間を縫って行く。

一通り鋤いただけではまだ荒いので、もう一回鋤く。

気は急くが、こんな物発見。

f:id:mr-5160-hate:20210225135522j:plain

ちょっと遅めのふきのとう。

ふきのとうを茹でて細かくし、お味噌で和えたふき味噌がお父さんは大好物だった。

ちょっと苦味があって、何とも言えない春の香りがする大人の味。

毎年最初の初物をお仏壇にお供えする。

でもいつも作ってくれるのは母上の役目で、あたしは摘んで来るだけ。  

でも、今日採れたのは、自分で作ってみよう。

美味しく出来たら、知り合いの人にお裾分けしよう。

そんな事思いながらふきのとうを掘り起こしてたら、気が付いたら9時前になっていた。

もうバッタバタである。

そして今名古屋に向かう電車内。

ふ~やれやれ┓( ̄∇ ̄;)┏と一息。

ちょっとブログでも更新しますかと、スマホのフォトギャラリーを見てみた。

あたしのスマホ、なんかエグい事になってる。

f:id:mr-5160-hate:20210225140340p:plain

大丈夫か、これ?

一昨日このフォトを引用しまくった『引き継ぎ。その②』をアップした。

昨日、23人しか居ないフォロワーが一人増えて、24人になった。

「おっ。どんな人なんやろ?」と興味津々で見に行ったら、プロフィール欄に「噛まれたい❤」とある。

「噛まれたい❤」??

過去ツィートを見てみる。

エロ画像満載、いや、エロ画像しか載ってないアダルトサイトへの誘導アカウント(多分)やった。


濱家君よぉ。

「何してくれんだ。」

でもその内、twitter社から不適切アカウントと認識されるんちゃうかと、微かにビビりながら今日もブログをアップしている。


それにしても、眠い。(_ _).oO

無茶苦茶楽しみにしてたのに、もしかしたら寝てまうんちゃうかと、ちと不安。

眠気覚ましのミンティア購入。

客席にもの凄いミントの香りが漂ってたら、それは眠気と必死に戦うあたしだ。

誰か船漕いでたら起こしてくれ。


「Mチャーン、待っててねぇ~~。」


M-1チャンピオンに敬意を表し、野田クリスタル君の「恵美ちゃ~ん、待っててねぇ~~。」風に締めてみた。

引き継ぎ。その②

昨日に引き続き、引き継ぎと言えば。

『僕らの担当マネージャー かまいたち編』

芸人さんの歴代の担当マネージャーさんが、自分達が担当してた芸人はこんな奴ですとトークを披露するライブのかまいたち編。

大阪時代のかまいたち担当、山崎マネージャー。

かまいたちが東京進出した当時の担当、西本マネージャー。

美人過ぎるマネージャーとして密着番組にも出演、現在担当中の樺澤マネージャー。

それぞれ担当を離れる時に、次のマネージャーにかまいたちについて引き継ぎする訳で。

暴露有り、マネージャーさんのポカ有り、諸々あったけど、一番爆笑したのがこれ。

f:id:mr-5160-hate:20210224024227p:plain

高卒4年目でかまいたちの担当になった山崎マネージャー。

(それにしてもよしもとでびっくりするのは、高卒の若者がいきなり芸人さんのマネージャーに付く事への驚き。)
(だって、一社会人としても右も左も分からない状態では無いか。)
(どこどこ現地集合となっても、マネージャーの方が行き方が分からないなんて事ざらやろ?)
(マネージャーを芸人さんが育てるシステムなのか?)

山崎マネージャーがかまいたちに付いた一番最初の仕事が、フィリピンへの弾丸ロケの同行。

せっかくの海外ロケ。
海も見えるロケーション。

なのに、濱家君、痛風発症。

弾丸とは言え、20過ぎの若者にとっては心踊るシチュエーションのはずが…。

何処に行くのも松葉杖が必要な濱家君。

その濱家君の松葉杖を持って移動したり待機しなければならなくて、松葉杖がやたら長いし、持とうと思っても邪魔で、ほんまムカつきましたと山崎マネージャー。

そのフィリピンロケから帰って来た時の動画が流れる。

f:id:mr-5160-hate:20210224024327p:plain
f:id:mr-5160-hate:20210224024359p:plain
f:id:mr-5160-hate:20210224024440p:plain

松葉杖、長っ!!

こんな長い松葉杖ってあんの?

特注やろ?
なあ、濱家君。
これ、特注やろ?

写真では伝わらんけど、おっそろしく遅いのよ、階段降りるの。

こんな一歩一歩そろりそろ~りしか階段降りられへんのや。

そら、山崎マネージャー大変やった事でしょう。

お気持ちお察しします。

そして、おっそろしくゆっくりしか降りられない濱家君の横を、杖をついた年配の女性が降りて行く。

そっちの方がよっぽど早い!

f:id:mr-5160-hate:20210224024516p:plain

この動画だけでも見て欲しい。

でもこの動画撮ったのって、山崎マネージャーやんね?

よっぽど腹に据えかねてたんやな、きっと。

あ。

一つ大事な情報を書いておかねば。

マネージャーからマネージャーへ引き継ぎされるかまいたちメモ。

『山内君はラーメン🍜が好き。』

いやぁ~、マネージャーって大変!!


と………。

ここまで書いてもう今日はアップしとこって思ってふとテレビ欄を見る。

あ。
そういや、今日の相席食堂、番組史上最低最悪のロケになってしまった山内君のリベンジ企画で濱家君が出てるんやった。

見てみる。

またしても寝るのが遅くなるのに。

見てみた。

こんなでした。

(注意)
あまりにハッキリクッキリだと諸々問題あるかと思って、わざとレトロっぽくしたら、なんか売れてない場末のAV男優みたいになった。

それではどうぞ。

f:id:mr-5160-hate:20210224025523j:plain

f:id:mr-5160-hate:20210224025628j:plain

f:id:mr-5160-hate:20210224025713j:plain

f:id:mr-5160-hate:20210224025816j:plain


かまいたち

濱家隆一、37歳。

お笑い芸人。



『あんた…、何やってんだ?』

引き継ぎ。

店長が異動する。

他のスタッフは、諸々文句も言ってたけど、あたしに対しては凄い気を遣ってくれてて、あたしは仕事が非常にやりやすかった。

先日、うちの店長と、今度赴任して来る新しい店長とで、引き継ぎをしていた。

うちの店長「Fさんは頭も切れるし、仕事も早いんですけど、せっかちなところがあるんで、一気に仕事教えようとするんですよね。まだそれ言うても頭に入らんやろ…みたいなね。」
新任店長「あ~、そうですよね。段階踏まんと…。」
あたし(ほんな個人の査定、こんな誰にも聞こえる所でやる??)
うちの店長「Fさん、長いですしね。前の店のB○O○B○X時代から居てはるはずです。」
新任店長「ええッ?B○O○B○Xから?そんな古い人居てるんですか?」
うちの店長「や、ハッキリ僕も知らないですけど、確かその頃からのスタッフですよ。」
新任店長「ええ~、何年働いてるんですか…。」

あたし(あたしは、Fさんより2年も前からB○O○B○Xで働いてたんですけど。古くてすんません。)

その後二人は休憩時間になり、連れ立って休憩室に消えてった。

今度正式に新任店長が赴任して来たら、
「ど~も~。最古参の山田ですぅ。」
「多分店長よりあたしの方が、職歴長いですぅ。」
「でも全然全然気を遣ってもらう必要は無いんでぇ。」
「ええ。もう全っ然。よろしくお願い致します~。」
って、最初に噛ましたろ。

やりやすい環境は自分で作るもんだ。


その異動してしまう店長が、今日仕事中に珍しく話し掛けて来た。
(別に嫌われてる訳では無い。)
(あたし、黙々と仕事するタイプなのだ。)

店長「山田さん。実はお願いがあるんですよ。」
あたし「え~珍しい。何ですか?」
店長「もう僕が言うても聞かないんで、○○君に髪型何とかせえって言うてもらえません?」
あたし「ええ?」
店長「や~、この前注意したんですよ。けど、ちょっとだけ切って来ただけで、変わってないし。」

何でも、○○君が不潔で不快だと、お客さんから本部にクレームが入ったらしいのだ。

○○君は、書籍担当のフリーターのアルバイトスタッフ。

もう10年近く働いてくれてるベテラン。

仕事も真面目だし、年中無休で夜12時まで営業しているお店の、閉店までの時間帯を支えていてくれる。

ただ、何と言うか……、髪型が個性的なのだ。

どう言えばいいだろう…。

あっ💡。

竹村健一さんや。
一番近いのが竹村健一さん。

f:id:mr-5160-hate:20210223043638p:plain

竹村健一さんの頭頂部の髪の毛を無くして、サイドの髪の毛で覆い隠して、ヘアピンで止める。

うん。
文章で表すならこう。

そして、○○君。

仕草がまた特徴があるのだ。

身体の中に40%くらいオネエがまぶされてる。

初めて○○君が挨拶しに来てくれた時の事が忘れられない。

レジに向かって立ってるあたしの後ろを「おはようございますぅ~。」と言いながら誰かが通った。

「うん?楽しんご?」
「今、楽しんご通っていかへんかった?」

お客さんにパック料金の説明をしながら振り向きたくって仕方が無かった。

レジの切りがつき、振り返って改めて挨拶してくれた○○君見て驚愕。

(声と見た目がこんなに釣り合ってない人、初めて見たっ。)

「○○ですぅ。よろしくお願いしま~す。」
お辞儀した時の指先が反ってる。

「や、山田です。よろしくお願いします。」

○○君とは1階と2階で、仕事が一緒になる事は無い。

でもその個性的な見た目にちょこちょこクレームが入ってるのは耳にしていた。

接客業なので、清潔感は非常に大事。

ましてや、不潔だとクレームが入るなんて問題外。

でもだ。

こんなデリケートな問題も無い。

だって、あの竹村健一アレンジヘアは、若くして髪の毛を失ってしまった頭頂部を隠す為に、苦心して編み出したヘアスタイルだと思うのだ。

それを「もうちょっと何とかしろ。」って言える?

ってかさ、店長。

あたしはそういう事が平気で言える人と見込んで頼み事して来たって事?

どう思われてんだ、あたし。

あたし「嫌ですよ。そんなん口が裂けてもよう言いません。」
店長「無理ですか?」
あたし「今度来る店長に、あの~、君のその髪型もうちょっと何とかならへんかな?って言うてもらうのが一番無難ですって。」
店長「ああ。そうしてもらいましょうか。そのタイミングで言ってもらうのがいいですかね?」
あたし「そうしてもらって下さい。」

こうして、○○君髪型問題は新しい店長に無事引き継がれる事になった。

そう言えばあの後、店長二人の間であたしの事はどういう風に引き継ぎされてたんだろ。

うちの店長「ちょっとさっきのはヤバかったですね。」
新任店長「何がですか?」
うちの店長「パソコンの前に座ってたスタッフ居たでしょう?」
新任店長「はい。」
うちの店長「あの人Fさんより古いです。」
新任店長「えっ…。」


平成15年より働いてもうすぐ18年。

あたくし、元気に今日もこれから仕事行って来ます。

野田ゲーの真実。

仕事行く前の日曜日のお楽しみ。
がっちりマンデー

今日のゲストはM-1王者マヂカルラブリー

がっちりマンデーマヂカルラブリー

優勝するってこういう事か。

優勝した途端、よしもとの社員さんの態度があからさまに変わったって話に爆笑しつつ、驚く。

これ、歴代のよしもとのM-1チャンピオンの芸人さんが語ってるけど、ほんな漫画みたいに態度が豹変するって、現実社会でホンマにあるんやと妙な感動の仕方。

やっぱ芸能界って特別。

今日のがっちりマンデーの特集は、〝こんな時だけど、僕たち上場しました!〟

コロナ禍に負けず、2020年に新たに上場した儲かり企業特集。

課金までする気は無いけど、ちょっと暇潰しに遊んでみたいってユーザーの気持ちを上手く利用したゲーム、スマホアプリのカジュアルゲームで大躍進した東京通信の躍進の秘密を探る。

ゲームと言えば、そう。
マヂカルラブリー野田クリスタル君。

そっか。
だからゲストに呼ばれてんのや。

野田クリスタル君考案ゲーム、略して〝野田ゲー〟。

なんと4月からニンテンドースイッチから配信予定。

ガチなんである。

スマホ向けゲームアプリのプロ、東京通信のゲームエンジニアさんもダウンロードしてた。

「おおっ。」
「その世界のプロもやってるんや。」

がっちりマンデーのスタッフさんが、実際にプレーしてみてどうですか?と感想を聞く。

「シュールで斬新で見習うべきところがたくさんあります。」

「おおっ。むっちゃ好印象!」
「やるやん。凄いやん。」

更にスタッフさんが聞き込む。

「一言で言うと何ゲーですか?」

クソゲーですね。」

爆笑。

ほんな落とし方ある?

VTRを見終わった加藤さんは、いたく感心してる。

カジュアルゲームで会社作れるよ、野田。」

「夢広がって来ましたね。」
嬉しそうな野田君。

スタジオに来ていた東京通信の社員さんに更に加藤さんが聞く。

「どうですか?野田君のゲームは正直に言ってどうですか?」

優しそうな雰囲気の東京通信の社員さん。

「芸を磨いて頂いた方が…。」

またしても爆笑。
再び落とされる野田クリスタル

出勤前のメイク中。
ゲラゲラ笑ってしまって、マスカラが睫毛じゃ無くて、瞼に付いてやり直し。

東京通信の社員さん、オモロいな。

去年の年末にお笑い界に上場したマヂカルラブリー野田クリスタル君、カジュアルゲーム界では上場見込み無しなのか?

ま、お笑いの方で頑張ってもらいましょ。

25日の名古屋のM-1ツアースペシャルに、それこそチャンピオンとして登場するマヂカルラブリー

ちゃんとチケットゲットしております。

大阪のツアーに行くつもりしてたけど、浜松の漫才サミットと同じ週だったので、金銭的にキツくて断念。

ほんなら名古屋で取りますかと申し込んだら当選した!

名古屋に地理感無いので、遠いイメージやったけど、調べたら近江八幡~なんばより、米原~金山(会場最寄り駅)までの方が安かった。

まあ米原まで車で出る移動距離考えればトントンか。

フォレストホールって確か行った事あるよな。

どんなとこやったっけ?

もう忘れた。

名古屋のツアーの出演者。

f:id:mr-5160-hate:20210222021448p:plain

恐ろしく贅沢⤴️

「いぇ~い!」

座席何処やったけ?と確認したら、8列目やった。😲

またしても良席。

最近ついている。

アインシュタインの単独系はことごとく落選してるけど。

チケット運をアインシュタイン以外で使い果たしてる感じ。

なんちゅうかさぁ…。

チケよし、もうちょっとバランス取ったろかっちゅー気ぃ無いか?

まあいい。

無茶苦茶楽しみなのは事実。

M-1チャンピオン始め、今最も旬なお笑いの猛者達をこの目で観られる幸せ。

良い子にして待っとこ。

『森ノ宮ネタライブ』とゆりあんと。

行って来ました!
森ノ宮ネタライブ』

と、その前に。


大丸梅田店で無事腕時計のベルトの交換完了。

今度は切れてくれるなよ。

遠いのよ、あたし。
滋賀県民やから。
交通費、バカにならんのよ。

16:30開演のライブよりだいぶ早めに森ノ宮着。

一度行ってみたかった、森ノ宮キューズモールに立ち寄る。

滋賀県では約2ヶ月前。
大阪なら多分約3ヶ月。

どこいこでトットとキューズモールでやすともさんがお買い物してた。

その雑貨屋さんに入る。(お店の名前忘れた。)

「おお~。ここやここ。」
「ここで、東京でやたら雨に見舞われると話す多田君が折り畳み傘選んでた。(ほんで結局買ったっけ?)」
「やすよさん、イニシャル入りのmyお箸買ってたな。あれ、良さげ。」
(しっかりミーハーなあたし。)

と、イニシャル入りのお箸発見!

確かに持ちやすい。
先端が滑りにくい加工になってるし。
(ほやから、やすよさんお気に入りなんか?スベりにくい!)

けど、今うちのご先祖様にお供えする時に使ってるお箸に激似。

色合いと言い、長さといい。

絶対母上にご先祖様用のとごっちゃにされるな…と断念。

イニシャル入ってんねんから、間違わへんやろ?と思うアナタ。

甘いっ。

うちの母上は、そんな細かい所、何にも考えて無い。
ほらも~凄いのだ。

今朝なんか、お肉やお魚を入れる冷蔵庫のチルド室にしいたけが入ってた。

ほんで野菜室にベーコンが入ってる。

これは…これは……、もしかして来たのか?

そし何度言っても直らんのが、チルド室にこんにゃくを入れる癖。

こんにゃく凍るっちゅーねん。

あら。
母上の愚痴書き出したら止まらんわ。

軌道修正。

そいで、イニシャル入りのお箸は止めて、リーディンググラス買った。

リーディンググラスと言うと聞こえはいいが、要は老眼鏡である。

老眼鏡っぽく無いお洒落眼鏡探してたのだ。

安くて可愛い老眼鏡ゲット。

f:id:mr-5160-hate:20210220232459j:plain

ふふ~ん。
お気に入り!

さ。
森ノ宮よしもと漫才劇場へ。

劇場前到着。

今日の演目のプレートの前に7、8人の人だかり。

今日の16:30開演のチケットは完売なので、大阪城公園に遊びに来たカップルなんかが、こんなんやってるんや~ってな感じで遠巻きに見てる様子。

話し声が聞こえる。

「ええ~、結構いいメンバーやで。」
アインシュタインにミルクボーイも出るやん。」
「買えば良かった。」

そ~なのよ。

「是非、また今度来ておくれやす。」
「1500円で観れるなんてお得以外の何物でも無いねん。」

あたしはよしもとの回しもんでも、漫才劇場の回しもんでも何でも無いけど、思わず声掛けそうになる。

チケット完売となってたので、久し振りに隣が埋まってんのかと思ったら、50%の客数に制限してんのか?

一つ飛ばしでも無いし、なんか不思議な席の埋め方やった。

そしてG列15番は、センターマイク一直線のど真ん中。

これ、ちょい観づらい。

なんか……、目が合うやん?

まあいいけど。


トップバッターは、名前は聞いた事あるけど、漫才観るのは初めてのキャタピラーズ。

30期と32期の先輩後輩コンビ。

情報が全く無いので、Wikipediaる。

2017年結成。
まだこの前やん。

それにしては達者なコンビ。

二人共シュッとしてるし、ジワジワ人気出そう。

覚えておこう。


久し振りのヘンダーソン

子安君が丸刈りでなんだか怖い。

え~、前の氷川きよしもどきの方が良かったなぁ。

目つきが鋭いから、クッと目に力入れると怖いのよ。
自衛隊感、強め。

中村フー君の衣装がフー君に似合ってて、とても良い。

漫才用衣装と言うより、お洒落私服みたい。

とぼけた味が魅力の中村フー君。

あたし、あの声が割と好き。

普通の事言ってても、あの声で言われると何とも言えないとぼけた味が出る。

声って、自分ではどうしようも無いものだけど、聞いていて耳障りな声質ってのは確かにある。

中村フー君の声は、耳障りでは無く、耳触りが良い声だと思う。


さや香の新山君も髪型をガラリと変えた一人。

これまた、前の髪型の方が好きやったな。

怖い話をしようとする石井君の周りで、〝強い気持ち〟で動き回る新山君。

お客さんが新山君の動きを追ってしまって、石井君の怖い話が全然入って来ないって設定のネタ。

普通に怖い話がどんなんやったのか、ちゃんと聞きたかった。
(あ、そういうネタでは無いよね。)


ロングコートダディの代演で出演の黒帯。

初めてネタ観た。

なんか、力抜けてる感じで、ダルそうに出て来る。

体幹弱そう。
背骨ダルダルやん。
みたいな。
ちょっと人を喰った様な、チャラい様な。

でも、この脱力した感じが今日のネタには凄いマッチしてて面白かった。


そして、なにわスワンキーズ

この前の無観客配信のみの単独ライブ観てから、ちょっとハマっている。

そう言えば、こじまラテ君も髪型変えた一人。

金髪にしてる。

………金髪?

あれは金髪と言っていいのか?

ラテと言うより、煎じ過ぎて苦くて飲めんドクダミ茶みたいなんだが。

まあいい。

なにわスワンキーズの何処がどう面白いか、説明しようと思って諦めた。

でも、ずっとクスクスケタケタ笑ってしまった。

〝ハマる〟ってこういう事なんだろ。

今度の単独ライブも無観客配信のみなんや。

残念。


ミルクボーイ登場。

出て来た瞬間のお客さんの反応が、やっぱりちょっと違う。

〝待ってました〟感がある。

あたしの右斜め前のショートカットの綺麗な女の人が、凄い笑顔で観てた。

こんな綺麗な女の人が喜んで見てるけど、貴方が笑ってる内海君はこんななのよ。

f:id:mr-5160-hate:20210220185916p:plain

ハチャメチャな事させたら右に出る者が居ない、タブルアート・タグ君による実験??

笑撃映像なので、是非観て欲しい。

ええんか?
今時、こんなご時世にこんな阿呆な事やってて。

今日はオカンが忘れた行事は節分のネタ。

節分もミルクボーイにかかると、大したこと無いしょーもない行事になる。

二人の人柄の良さや、頭シバいたりしないスタイル、人の悪口で出来て無いネタは、子供から大人まで安心して笑える漫才。

でも一方で、よくよく聴いてみると、結構毒吐いている。

そして、この毒のさじ加減の絶妙さがミルクボーイの最大の武器やと思う。

「そうそうそう。そうなんよなぁ~。」の共感のち爆笑。

ENGEIグランドスラムで見せたアスパラベーコンも面白かった!

ナイツ塙さんと和牛賢志郎君との『漫才師からの手紙』で、
どの番組行っても「○○で漫才やって下さい。」と言われたくって死ぬ程この1年やったと思う。
簡単に言うけど、大変なんよ。
ホンマによう乗り切った。
って喋ってた。

あたしもそう思う。

twitterフォローしてるだけの情報でも色々やってたもん。

でも、「簡単に言うてくれるなよ…。」と思ってたとしても、手を抜かずにやるのがミルクボーイ。

いつかNGKの看板になるはず。


そして、久々の生アインシュタイン

やっぱり華があるわぁ。
身内びいきみたいやけど。
身内でも何でも無いけど。

アパレルのお店で働いてみたい稲ちゃん。
お客として訪れるアニキのネタ。

このネタ、何回も観ている。

アインシュタインの鉄板ネタ。

その鉄板ネタをあんな見事に間違う事があるんか??

稲ちゃん、初っ端の入りを思い切り間違う。

一瞬、「うん?入り方変えた?」と思ったら、ただただ飛ばしてただけやった。

もうグダグダ。

「やったな。」
爆笑してもーた。

せっかく劇場行ったなら、上手く被る事無く色んなネタを観てみたいと思うもの。

でも今日に限っては、このネタ見倒してるからこそ、爆笑出来た。

いやぁ。
漫才って色んな楽しみ方があるんである。

オンラインチケットまだ買えるはず。

アインシュタインファンには是非買って欲しい。

そうそう。

ブスッ子顔七変化を見せる稲ちゃん。

〝くしゃおじさん〟そっくりに見える瞬間がある。

〝くしゃおじさん〟知ってるかなぁ?
40歳以上でないと知らんか…。

頭と顎、上下からくしゃって潰したみたいな顔やねん。

「稲ちゃん、アゴ短く出来るやん。」と思ってしまった。

絶対そんなはずないのに。

アゴの長さ調整出来るわ、顔の色瞬間的に真っ赤に出来るわ、今日の稲ちゃん無敵やった。

オンラインチケットで確認して欲しい。

アインシュタインの愛シタイン』のおっさんスタッフさんが、多分アニキに恋してる。

アインシュタインファンの需要が凄いと言う理由で、アニキの生着替えのオフショットの動画を流してる。

全っ然どーでもいい話やけど、アニキのちょっとここだけは若作りしようが無い乳首の下辺りの胸の真ん中に、コンセント🔌の穴みたいな、二つの小さいホクロがあんのよ。

あたし、あれ好き。

乳首はどうでもいい。

あのホクロのアップ下さい。

なんか差したくなるんよ。

スタッフさん、よろしこ。



そして、肝心のゆりあんレトリィバァ。

痩せてるっ!
小さい。

ちゃんとした一人コント。



……………………。


降参。🏳


『ゆりあん。R-1頑張っとくれ。』

ほな。